人気ブログランキング |

エッセイスト菊池木乃実のブログです。環境活動家の夫、ポール・コールマンと共に南米チリのパタゴニア地方に在住。ホリスティックで持続可能なライフスタイル実践中


by lifewithmc
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2007年 10月 11日 ( 1 )

星と月の下で眠る

今日は、インターネットカフェから投稿します。USBポートがないので、写真がアップできないけど、日記だけでも・・・

さて、先週のこと。日が暮れた後、海岸沿いの小さな村に辿り着き、ホテルを探したところ、ずっと以前に廃業になっていて、泊まるところがない!ということがありました。辛うじて食堂を探して、お腹を一杯にして、懐中電灯を頼りに海岸沿いを歩き続けました。

ところが、暗い上にこの海岸沿いの道というのが、どんどん細くなって行き、10分も歩くと、石ころだらけのビーチを歩いている感じになり、どう考えても、道とは思えない感じになって来ました。すると、ふと、右側に上へ登っていく坂道が見え、そちらへ行くと、もしかしたら、正しい道があるかもしれないと思いつき、坂を登って行きました。

時刻は午後9時。あたりは真っ暗で、上へ登ると、遠くに漁船の明りがちらほらと見え、かなり遠くに町の明りが見えるだけで、期待したような正しい道はなく、行き止まりになって、広く平らな砂利の引かれた場所に辿り着きました。

嬉しいことに空は晴れていて、星がたくさん見えます。ちょうど工業地帯を過ぎて20キロぐらい歩いてきたので、大気汚染は免れているようです。

疲れたね。
今夜は、ここで寝る?

とポールが言うので、迷わず、うん、と頷きました。

なにしろ、歩き疲れており、暗闇の中、正しいかどうかわからない道を歩き続けるエネルギーは全く残っていませんでした。

バックパックからシートとマット、寝袋を出して横になりました。
頭上には満点の星。中国に来てから、初めて星を見ました。
海からは、気持ちのいいそよ風。
これで、今夜はぐっすり眠れるかな・・・と思いきや、ブーンとあの忌まわしい音が!
蚊です。
蚊が何匹も飛び回っているのです。

虫除けスプレーをかけて、うとうと・・・
ブーン!!!!!

は!

虫除けスプレーをかけて、うとうと・・・
ブーン!

は!

という具合で、1時間おきに目が覚め、涼しくて気持ちがよかった海風も、吹き続けているいるうちに寒くなり、かといって、寝袋に入ると暑くて汗びっしょりになって目が覚める・・・という具合で、そのうち、東の空から月が上り、その月が雲の切れ間に見え隠れしながら、中空高く上っていくまでずっと眺めていました。

結局、明け方、1時間ぐらいは眠ったでしょうか・・・
海の向こう側に朝日が出ると同時に、じりじりと暑くなり、急いで荷物を詰めて、また、歩き始めました。

前の晩、正しい道ではないのではないか、と思った海沿いの道は、朝起きてみると、実は唯一の道だったということもわかり、しばらく海沿いを歩いていくと、道路は広くなり、小さな村に辿り着きました。しかし、そこは村全体が建設現場のよう。高速道路を作っているので、土ぼこりを巻き上げて、大型トラックが通り過ぎて行きます。また、しばらく歩くと、今度は、建設中のトンネルに突き当たりました。通れるのかな?と思っていると、ほかの人たちは、バイクや徒歩や車でトンネルを気軽に通って行きます。

入り口にいる建設現場の人たちも、どうぞ、と身振り手振りで示してくれるので、まだ、掘り立てのトンネルを抜けていきました。

トンネルを抜け、トラックの通りの激しい一本道を歩いて行き、さて、いったい、どこへ辿り着くのか、と思っていたら、ぼん!と目の前に、高層ビルが現れました。

周りを見ると、高層ビルだらけ。
なんだか、タイムトリップしたみたいです。

そして、目の前に、ホリディ・インがありました。
こんなところに、ホリディ・イン? 大都市でもリゾートでもないのに?
なんだか、狐につままれたようです。
でも、野宿をした次の日、汗まみれ、泥まみれの私たちには、シャワー&洗濯は必至!!
ということで、汗まみれ、泥まみれのまま、ホリディ・インにチェックインしました。

レセプションの女の子が、僕に、ランドリーは4枚まで無料ですよ、と言ってくれたよと、ポール。
チェックインして真っ先にしたことは、シャワー&洗濯!!でした。

(翌日、ここは、リゾートとして開発中の町だということがわかりました)
by lifewithmc | 2007-10-11 20:42 | 中国・徒歩の旅