エッセイスト菊池木乃実のブログです。環境活動家の夫、ポール・コールマンと共に南米チリのパタゴニア地方に在住。ホリスティックで持続可能なライフスタイル実践中


by lifewithmc
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

革命が終わった日

11月5日(日)曇り時々晴れ

2日間吹き続けた風が止んだ。雲が動き、太陽が雲の隙間から時々覗く。

10時頃グロリアがやって来る。メキシコの国家警察が先週、市内に入って座り込みしている人たちに、テントを撤去し、全員退去するように通達。道路をブロックするために積んであった土嚢や火を燃やすために置いてあったドラム缶、ペンキの缶などを撤去したため、市民と衝突。数人が亡くなり、約60人が負傷。市民は路上にペンキ缶を並べ、火を燃やして、ハイウェイをブロックし、大変な騒ぎだったらしい。とにかく今までブロックされていた市内の道路が通れるようになり、ハイウェイもスムーズに通れるようになったので、楽になったとのこと。
「このまま、暴動も収まって、元通りになればいいけど」とグロリア。

エトラへ行き、レストランで食事。オリーブオイルだけがエトラのスーパーで手に入らないので、グロリアが「GIGANTE」という、市内にある大きなスーパーへ連れて行ってくれることになった。

ハイウェイは、見違えるほどきれいになり、道路を封鎖していたトレーラーやバスも撤去されている。車線をふさいで、ブルーシートを張り、何百メートルにもわたって座り込みをしていた何百人もの人たちは、一人もいなくなっていた。今まで、市内に行くまで40分ぐらいかかっていたけれど、車の流れもスムーズになり、20分もしないうちに市内に入った。ところが、中心地に近づくと、急に車が大渋滞し、みな、激しくクラクションを鳴らしている。路肩には、ずらりと人が並んで、プラカードを持ったり、旗を振ったり、手を振ったりして、何かを叫んでいる。まるで、マラソンの応援のような雰囲気。よく見ると、20メートルぐらい前を、知事辞職を求めていた市民団体APPOの人たちが旗を掲げて行進していた。

「また、デモ?」
「武力介入による反対運動かな?」
ところが、道路沿いに並んでいる人は、なぜか、みな笑顔で嬉しそうだ。大渋滞してクラクションを鳴らしている車も、怒っているのではなく、喜びのクラクションを鳴らしているようだった。
「なんだか、お祝いのようだよ」とポールが言うと、グロリアが、「知事が辞職したみたいよ」と言ったのだった。
「プラカードに書いてある。『ユリシスは去った』って」
「ええ?本当?どうりで、みんな喜んでいるわけね。私たちはちょうどお祝いのパレードの真ん中に入っちゃったんだね」
「死者が出たので、とうとう知事は辞職せざるをえなくなったんだろう。政治的な地位や名声や富にしがみついて、誰かの命が犠牲にならないと手放さないのは、愚かなことだ」とポールが続けた。

しかし、これで数ヶ月続いた革命も終わったようだ。メキシコでは、政治家の汚職、票の買収、税金の不正着服などはどこでも起きている当たり前のことのようだ。今の大統領も票を買収して選出されたことは有名な話らしい。

「オアハカの今回の事件でみんなが目を覚まして、汚職や票の買収が減って、少しでもクリーンな政治になればいいけど」とグロリアがため息をついた。(しかし、その後、知事辞職のニュースは革命派を鎮圧するための嘘だったことがわかり、2007年1月現在、同じ知事が職務についている)

渋滞の中、私たちはようやくGIGANTEに着いた。GIGANTEは、アメリカ型の大きなスーパー。1階建ての巨大なフロアに洋服、日用雑貨、台所用品、スポーツ用品、靴、化粧品、薬品、食品、お酒など、あらゆるものが並べられている。日本で言うと、地下1階、地上3階建てのダイエーやイトーヨーカドーが平屋になったという感じだ。久しぶりに大きなスーパーに来たので、目が回りそうになった。とにかく商品の種類が多く、どれを選んでいいかわからなくなる。エトラでは手に入らない、バージンエクストラのオリーブオイル、アニス入りのカモミールティー、サワークリーム、ヨーグルトなどを買う。

ポールは大の豆乳&納豆好きなので、豆乳を探したけれど、見当たらない。メキシコにでは、豆乳や納豆などは手に入らないらしい(豆腐は、輸入品専門スーパーに行けば手に入る)。なので、チーズの代わりに、トウモロコシの皮で黒豆を包んで発酵させたらどうだろう、とか、豆腐はどうやって作るのか、納豆はどうやって作るのか、豆乳は自分で作れるんじゃないか、としきりに私に聞く。いずれは、彼は自分で豆乳を作り、納豆や豆腐を作り、乳製品は食べなくなるんじゃないか、という気がする。特に、豆腐を発酵して作った豆腐ようは大好きで、沖縄や中国でよく食べていた。彼が豆腐を発酵させて、豆腐チーズや豆腐ヨーグルトを作る日もいずれやって来るだろう。
[PR]
by lifewithmc | 2007-03-20 02:57 | メキシコ・山の暮らし