エッセイスト菊池木乃実のブログです。環境活動家の夫、ポール・コールマンと共に南米チリのパタゴニア地方に在住。ホリスティックで持続可能なライフスタイル実践中


by lifewithmc
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

死者の日のお祭り

10月29日(日)晴れ

グロリアさん、朝9時に無事到着する。ハイウエイは、何箇所かブロックされていて、3回迂回しなければならず、30分で来られるところ、2時間かかったという。

エトラへランチをしに行く。私は、ホットチョコレートと甘いパンとエンチラーダとフライドビーンズ。グロリアさんとポールは、エンチラーダソースが辛すぎるので、目玉焼きとフライドビーンズにトルティア。マーケットで野菜、蜂蜜、プロポリス、花粉などを買う。

11月2日は「死者の日」(復活祭)のお祭りなので、レストランやマーケットの中に、ガイコツの人形や蜘蛛などの飾りつけがしてある。「死者の日」とは、日本のお盆のようなもの。年に一度、亡くなった先祖の魂が帰ってくるので、家族はご馳走を用意して死者の魂を祝う。場所によっては、ガイコツの格好をしたり、幽霊の格好をして、音楽を演奏し、ダンスをしながら、パレードをするところもあるらしい。
「でも、今年は革命騒ぎのせいで、オアハカ市内では、お祭りは中止よ」とグロリアさん。
「この村では、何かお祭りがあるの?」と聞いてみると、村では、それぞれの家族がご馳走を作って、親戚などを呼んでお祝いをするだけだという。
「私は、火曜日に村の墓地に、旦那さんのお墓参りに来るから、そのときにまた寄るわね」と言って、グロリアさんは帰っていった。
[PR]
by lifewithmc | 2007-03-16 07:55 | メキシコ・山の暮らし