エッセイスト菊池木乃実のブログです。環境活動家の夫、ポール・コールマンと共に南米チリのパタゴニア地方に在住。ホリスティックで持続可能なライフスタイル実践中


by lifewithmc
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

南アフリカでズル族と踊る

d0107620_391643.jpg


南アフリカのヨハネスブルグに着いたのは、7月2日の早朝でした。

飛行機から見える夜明けの色が、今まで見たことのない、オレンジと赤と黄色とピンクが混ざった、なんとも言えず美しい色でした。

初めて見るアフリカの空。ポールが言っていた通り、空が大きい!
そして、丸い!!

よく見ていると、空が丸くドーム状になっているように感じるんです。地平線に近づくにつれて空がどんどん低くなっていって、地球の端にいるという感覚です。

ヨハネスブルグの日曜市では、ズル族の若者と一緒に踊りました。
今、冬なので朝晩は、零下まで下がることも!日中は10度なんてこともあります。
彼らも踊る前はみんなジャケットを着ていました。(写真上)

帰りにB&Bへ戻ろうと歩いていると、角を曲がったところで、頭の上にチェーンソーを載せている黒人女性に遭遇!バランスよくチェーンソーを頭の上に載せて歩いているのに感心しました。

ヨハネスブルグはものすごく洗練された都会です。レストランやショッピングセンターなどは、世界各国の料理があるし、安全だし、ヨーロッパかどこかの都市にいるみたい。

植民地時代にオランダ人やイギリス人がまず最初にしたことは木を植えることだったそうで、裕福な地域には街路樹がいたるところにあるし、家と家の間、家の庭、オフィスの周りなど、とにかく、緑がいっぱいあってびっくり!

これは、日本や他の都市でもまねできる素晴らしい都市緑化のお手本だなと思います。(写真下)
d0107620_395667.jpg


一方、貧しい黒人の人たちが住んでいるタウンシップはほこりっぽくて、赤茶けた印象。ジュネスさんが言っていた通り、まだまだ、緑が足りないのです。(写真下)

d0107620_310383.jpg


8月29日~9月8日の南アフリカ植林ツアーでは、ジュネスさんやポールさん、てんつくマンと一緒に日本から来た皆さんとタウンシップに木を植え、緑を増やします。今回はFUNKISTも参加。緑を増やし、笑顔を増やしながら、南アフリカの伝統的な音楽や踊りを楽しみ、野生動物にも会いに行きます。

5月24日締め切りです。残り17名!!
早めにお申し込みください。
http://www.wonderful-world-syokurin.org/wecan/?p=3505
[PR]
by lifewithmc | 2009-07-21 03:11 | 地球2009