エッセイスト菊池木乃実のブログです。環境活動家の夫、ポール・コールマンと共に南米チリのパタゴニア地方に在住。ホリスティックで持続可能なライフスタイル実践中


by lifewithmc
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29

<   2008年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

奇跡は育つ

d0107620_18511627.jpg
d0107620_18514289.jpg


この2週間、私たちは香港へ行っていました。ビザが切れたので、もう一度、取得するために香港のランタオ島へ戻っていたのです。ランタオ島は、私たちが9月に初めて香港を訪れた時に滞在したところ。9月21日の世界平和の日に小学生たちとジャングルに木を植えたところでもあります。

ジャングルで木を植えました 動画
http://jp.youtube.com/watch?v=ssmUCWASQ1w

ランタオ島のムイオウという町に、友達もたくさんできたので、そこに滞在することにしました。

香港では、ビザの申請をするほかは、何も予定はありませんでした。ところが、一週間、ゆっくり休んで、リラックスし、滞在予定も残り1週間となったので、さて、ビザを申請に行こうかと思い始めたころ、いろいろなことが動き始めました。

まず、月曜日、環境保護活動とビジネスをリンクする仕事をしているメリンさんの家に行き、写真やビデオを交えて中国での旅の話をしました。

すると、火曜日、ビザの申請へ言った日に、メリンさんと香港ヒューマニスト協会のトニーさん、ラマ島で環境とスピリチュアルに関するサイトを運営しているピーターさんの3人が中心になって、講演会を2つ企画してくれることに。その週の土曜日には、もう中国へ戻るので、木曜日の夜にランタオ島で一つ、金曜日の夜に香港島のセントラルで一つということになり、メリンさん、トニーさん、ピーターさんが知り合いにメールで案内を出してくれることになりました。

水曜日、ランタオ・グリーン・アソシエーションのクライブさんとランチを食べながら旅の報告をし、午後、メリンさんと講演会の打ち合わせをしている時に、香港のラジオ局からメリンさんの携帯に連絡が入りました。「ポール!昨日、ラジオ局にメールを送っておいたんだけど、今、ディレクターから電話があって、明日、インタビューしたいそうだよ!」ブラボー!

木曜日、ポールは、お昼にラジオという番組の生放送インタビューに主演、2つの講演会のお知らせをラジオですることができました。その日の夜、ランタオ島でのスピーチには15人ほどの人が集まってくれました。とても、アットホームなトークの後、熱心に聴いてくれていた女性がこう言いました。「ポール、地球のためにありがとう。私たちは、どうやってあなたのミッションを助けてあげればいいですか?」ポールは、こう答えました。「まず、私たちのメッセージをできるだけたくさんの人に広めてください。どんな方法でも、あなたができる方法で」すると、ホームページをスペイン語に訳してくれると申し出てくれるという女性がおり、また、たくさんの人が寄付をしてくれました。最後に質問をしてくれた女性は、こう言いました。「私の名前はキンジーと言います。私は、香港で16年、PR関係の仕事をしていて、メディアの人たちを知っているのでヘルプできると思うの。明日の朝、朝食をご馳走したいので、カフェで会いませんか?」

金曜日、キンジーさんとフェリー乗り場の近くにあるカフェで朝食を食べていると、キンジーさんの携帯が鳴り、電話の後、彼女が興奮してこう言いました。「私、昨日の夜、家に帰ってから、手当たり次第、私の持っているメディアリストの人たちに連絡したの。そしたら、今日の夜のスピーチに、明報の記者が来てくれるって!!明報というのは、香港で最大の広東語の新聞なのよ」ブラボー!!

その日の夜、香港島でのスピーチは、有機野菜を使ったベジタリアン料理で有名なライフカフェで行われました。スピーチには、50人ほど来ていただいたでしょうか。レストランの席は満員になり、立って話を聞く人もあり、ポールが旅を始めた経緯からアフリカで象に追いかけられた話までバラエティーに富むトーク。終わりに、ある女性がこう言いました。「ポール、私は北京オリンピック委員会の委員です。ぜひ、連絡取り合いましょう」

興奮冷めやらぬまま、私たちはビザを取りに旅行代理店へ行き、ライフカフェのオーナーのボブシーさんがディナーをご馳走してくれるというので、カフェに戻りました。すると、思いがけない伝言を受け取りました。「ポール、さっきの女性、北京オリンピック委員会で文化事業ディレクターをしているので、明日、朝食を一緒にどうですかと携帯番号を残して行ったよ」

土曜日、香港を発つ日の朝、私たちはランタオ島のレストランで、北京オリンピック委員会の文化事業ディレクター、フューシャス教授と朝ごはんを食べながら、これからのサポートの可能性について、話をしていました。フューシャス教授は、ホリスティック医学のドクターであり、北京オリンピックの文化イベントの企画から運営、人選まで全てを任されている文化事業ディレクターでもあったのです。フューシャス教授をスピーチに誘ったのは、私たちの友達、ヴォニーでした。ヴォニーはフューシャス教授と長年の知り合いで、フューシャスが北京オリンピックとつながりがあるとは夢にも思わずに、「ちょうど、香港にいるんだから、ポールのスピーチに来たら?」と彼女を誘ってくれたのでした。

フューシャス教授とのミーティングの後、今度はトニーから連絡がありました。「9月に木を植えたときのドキュメンタリーが出来上がったから、試写に行こう」と。そうでした。9月にランタオ島で木を植えたとき、地元でドキュメンタリー映画を作っているファン姉妹が撮影に来てくれていたのでした。その時の映像がちょうど編集を終えたところなので、見に行こうということになったのです。

2時間後、私たちはファン姉妹の家の試写室で、できたてのほやほやの映画を見ていました。ドキュメンタリーは、ジャングルのような森に驚くファン姉妹の映像で始まりました。「香港にもこんなところがあったんだね~。驚いた~!」そして、植樹に集まってくれた地元の人たち、子供たち、木を提供してくれた人たち、そして、木を植えたポール。なんとも心温まるイベントの後、最後は、彼女達が住んでいる家の近くにある、たくさんの大きな木の映像で終わりました。

ところで、タイトルは何ていうの?とトニーが聞くと、「Miracle Grows!」と、ファン姉妹の妹が言いました。「ドキュメンタリーのタイトルを何にしようかと考えていたら、ある日の朝、ピンと来たの」 Miracle Grows !! 奇跡は育つ!!

その日の朝の新聞(明報)には、「人物」の一面に、1ページ、フルサイズで地球に木を植えるポールの記事が載りました。

たくさんの友人、たくさんの愛に溢れる人たち。彼らに別れを告げるのを少し悲しく思いながら、飛行機は香港を発ち、間もなく、武夷山空港に到着しました。すると、同じ飛行機に乗っていた中国人のカップルが、新聞を持って、私たちに近づいてきました。「ポールさんですよね?私たちの地球のために、ありがとうございます。とても感謝しています。よろしかったら、サインをもらえますか?」

私たちの中国の旅の後半は、こうして、とても嬉しい出来事と共にスタートしたのでした。
[PR]
by lifewithmc | 2008-02-18 18:52 | 中国・徒歩の旅
アースウォーカー、ポール・コールマンが地球のために歩き始めたのは、1990年のこと。

しかし、お金は1か月分しかなく、歩くのは好きではなく、最初は不安で一杯だった!

今では18年間も歩いているポールですが、歩き始めた頃の気持ちが綴られています。

2006年に中国を歩いていた時の映像から作ったビデオです。
http://jp.youtube.com/watch?v=Oaqbh48FPhE

d0107620_21595612.jpg

[PR]
by lifewithmc | 2008-02-17 22:00 | 中国・徒歩の旅
d0107620_2314826.jpg


「地球に愛を与えれば、地球はその何万倍も返してくれる」

「地球を愛し、守ることは、私たち自身を愛し、守ること」

18年間地球を歩き続けてきたアースウォーカー、ポール・コールマンが感じる地球と私たちのつながりとは?

「地球を愛する100人として」

2005年の愛・地球博で「地球を愛する100人」に選ばれたポールからのメッセージ。EXPO会場で放映されました。
[PR]
by lifewithmc | 2008-02-14 23:14 | スピリチュアル
d0107620_1393791.jpg


今まで世界中を旅し、アマゾンの熱帯雨林が壊され、海が石油で汚染されるところを見てきました。

戦争にも行きました。

それらを見ると、「果たして、私たちは地球で生き延びることができるのだろうか?」と疑問に思うのです、とテレビのインタビューで語ったポール。

それでも歩き続けているのは、なぜ?

彼を前に進め続けているものは、なに?

Video 「人類は地球で生き延びることができるのか?」


2006年 韓国を訪れた際、アリランテレビによって収録された30分のインタビュー番組を3分に編集しています。
[PR]
by lifewithmc | 2008-02-13 13:08 | スピリチュアル
今日は、アースデイ・ネットワーク(http://earthday.ning.com/)で見つけた、ためになるビデオの話をします。


「The Story of Stuff」 モノの話

モノがどうやって作られて、どうやって捨てられていくかというお話です。

地球 → 工場 → 消費者 → ゴミ処理場

森林伐採、鉱山採掘など、資源を採るために地球を壊し、生産過程で環境を汚染してできあがったモノたちを私たちが買い、行き着く先は、ゴミとして焼却されて、また空気を汚し、埋められた廃棄物は地球を汚す・・・ というサイクル。

それは、すべて経済成長のため。

すぐにゴミになるようなものを、たくさん作って、安く売って、すぐ壊れるので、消費者はまた買いに行くというパターン。(修理するより、買った方が安いですよ、お客さん、と言われたことがある人は、たくさんいるはず)

あるいは、ニューモデルをどんどん作り、新しい物を買わないと、「遅れてる!!」と恥ずかしくなるという文化を作り、買い物に走らせるというパターン。(平均的なアメリカ人は、毎日3000の広告に晒されているそうです)

でも、それは、ぜーーーーーーんぶ、もう行き止まり状態に。

地球の資源は、30%使い尽くしてしまい、地球は汚れ放題に汚れてしまい、地球温暖化は、実は、発表されているより、もっともっと速い速度で進んでいる。これ以上、このままでは、どう考えても、続かないでしょ、と、このビデオは言っています。

アメリカの人が買い物をして、最終的にゴミとして捨てる量を1とすると、それを生産する段階で、すでに工場では70倍のゴミが出るのだとか。

1 のゴミ になる 製品を 作るために 70倍のゴミを 出している?????

そして、有毒物質を使ってできた製品を知らず知らずのうちに私たちは身体の中に取り入れ、最も有毒な物質は、お母さんの母乳!!!!!というショッキングな事実。

とっても、勉強になりました。 このサイクルは、断ち切らないと、地球はもう、もたないそうです。

そこで、ストップ !!

広告に踊らされ、流行に踊らされ、安売りに踊らされ、買い物に溺れていた私たち。
この辺で、買い物依存症、少し見直さないといけないですね。
買い物をする前に、本当に必要かどうか。

バカみたいに安いということは、どこかで、誰かが、不当に低賃金で働いているんじゃないか、原材料や資源がどこかで不当に搾取されているんじゃないか、ということも、考えてみないといけないですね。

アメリカ人は、1950年代を境に、消費社会になって、みんながどんどん買い物をするようになったそうです。そして、皮肉にも、アメリカ人の「幸福度」は、1950年代を境に減少する一方なのだそうです。

モノを買うために一生懸命働いて、疲れて家に帰ってくるとテレビを見るのが瀬一杯。テレビを見ると広告が「これを持っていないと時代遅れ」「ダサい」と言うので、買い物に行ってお金を使い、お金を稼ぐためにまた働き・・・なぜだか、気がついたら、「モノばかり増えて、心はちっとも、幸せじゃない」というサイクルに陥っているのだそうです。

では、一体どうしたらいいの??

「グリーン・ケミカル」
「ゼロ・エミッション」
「代替エネルギーの活用」
「フェアトレード」
「地消地産」

などが、新しい未来の形だそうです。

「それは、理想だよ。できっこないよ」という人がいたら、「いやいや、今までのやり方で、これからもやっていけると思うあなたの方が夢みたいなこと言っているんですよ」と私は言いたいですね~と、このビデオでは言っています。

とっても、面白いビデオです。アニメーションがキュートで、とても分かりやすく説明されています。

ふむふむ、そういうことだったのか、と納得します。

地球のために明日からできること、もうひとつ。
本当に必要なもの以外、買わない。
安いからと言ってバーゲンに走って、無闇に買わない。

お金もこれで貯まりますね。
貯まったお金でお庭にハーブや野菜、実のなる木を植えて、自家菜園を楽しみ、コンポストを購入なんていうのも、いいですね。

ショッピングやバーゲンに出かける時間も減るので、その代わりに、山や川や自然の中に出かけるのも、いいですね

私は、ポールと結婚するときに、40年の人生で溜めに溜めたモノたちの95%は処分しました。モノを全部背負って、歩けないですものね~。

そのとき、あまりのゴミの多さにうんざりし、それからは、スーパーに並んでいるモノ、デパートに並んでいるモノ、何を見ても「ゴミ」に見えるようになってしまって、何も買う気が起きませんでした。今でも、スーパーに行くと、過剰包装してあるモノを見ると、「ああ、これの半分はゴミになるんだ。ゴミにお金を払うの、いやだな~」って、思います。

今では、すっかり、買い物がイヤになっちゃいました(笑)

「The Story of Stuff」 モノの話
公式サイト&英語版はこちら 

ラッキーなことに、日本語版を作ってくださった方がいます。
日本語版はこちら。

ぜひ、見てみてください。

The Story of Stuff - Ch.1: Introduction  (02:37)

The Story of Stuff - Ch.2: Extraction  (02:05)

The Story of Stuff - Ch.3: Production  (03:27)


The Story of Stuff - Ch.4: Distribution  (01:59)

The Story of Stuff - Ch.5: Consumption (06:35)

The Story of Stuff - Ch 6 Disposal (02:16)

The Story of Stuff - Ch.7: Another Way  (02:04)

[PR]
by lifewithmc | 2008-02-12 01:19 | スピリチュアル
d0107620_058552.jpg


「私たちの人生は、かけがえのない贈り物」

「与えれば、与えるほど、私たちは受け取るようになる」

ポールからの最新メッセージ・ビデオの日本語版ができました

「4万5000キロ 地球のために」

[PR]
by lifewithmc | 2008-02-11 00:59 | 中国・徒歩の旅
d0107620_0535723.jpg
d0107620_0541789.jpg
d0107620_0543341.jpg
d0107620_0544935.jpg
d0107620_055491.jpg
d0107620_055178.jpg


建陽(ジャンヤン)市を出発した次の日、職業技術学院の英語課の1年生、アンジェラが1日だけ徒歩に参加してくれました。アンジェラは、その日、私たちが向かっていた町の出身で、ちょうど、その日、旧正月のために実家に帰ることになっていたのです。そこで、町まで16キロの道のりを一緒に歩きました。

アンジェラは、私たちが歩く速度が速いのに驚いていましたが、なんとか、4時間の道のりを楽しく歩いて、町に到着。その町にはホテルがないことがわかったので、次の町まであと8キロ歩くことにして、アンジェラと別れました。

私たちは、夜7時頃、次の町に到着し、ホテルを見つけ、夕飯を食べて、就寝。アンジェラからは、「とても楽しかった、ありがとう。でも、とても疲れたので、もうベッドに入っています。武夷山まで気をつけて行って下さい」というメッセージが携帯に入りました。

アンジェラの故郷は、少し前までは川から水が飲めたそうです。でも、今では上流に養鶏場ができて、水が飲めなくなってしまったと言っていました。自然の中で育った彼女だから、私たちのことを応援してくれる気持ちになったのでしょう。とても、心温まる出会いでした。

翌日、いよいよ、私たちは武夷山を目指して歩きました。武夷山は世界文化・自然遺産に指定されている場所。私たちも香港を出発した時から楽しみにしていましたし、リチャード、ジョイ、デビッドにとっては、旅の終点でもあります。その日は、朝から冷たい雨が土砂降りでしたが、みな、ずぶ濡れになりながらも、21キロの道のりを歩きました。

私たちが歩いている、ほんの少し北の地方では、100年に一度の大雪が降って、道路も凍結し、何万戸という家が停電、また、家が崩壊して人が亡くなったり、転電の修復をしていた職員が亡くなったり、旧正月で実家に帰る人たちが何百万人と各地で足止めを食らったりと、大惨事が起きていました。でも、幸いなことに、私たちは大雨に降られる程度で済んでいました。

とはいえ、何時間も歩くと次第に雨がレインギアの下に染みてきて、足もずぶ濡れ、手もかじかんで、寒さで凍えそうになります。食堂が見つからなかったので、皆、空腹のままだったので、何度か、雨宿りができる場所を見つけては休憩し、小さなお店で火鉢の火に当たらせてもらったりして、歩き続けました。

目的地まで、あと5キロというところで、福州から応援に来てくれたジーン先生の車に出会い、牛乳やお菓子やパンなどの差し入れをもらいました。ああ、そのパンの美味しかったこと!「もう、あと少しだから。ホテルもたくさんあるから、頑張ってね」というジーン先生の言葉に励まされました。

武夷山の入り口、武夷宮という街に近づくと、世界遺産となった素晴らしい渓谷が見えてきました。曲がりくねる川のあちこちに、いくつもの大きな岩山が天に向かって反り立ち、雨に煙っている様子は、まるで仙人が住んでいるかのように幻想的でした。

みな、無事に笑顔で武夷宮に到着し、ほっと一息。ホテルに直行して、熱いお風呂に入り、凍えた身体を解凍させて、夜のディナーへ向かいました。武夷山市の広報局長さんが歓迎ディナーにご招待してくださったのです。そして、「明日は、世界遺産に木を植えましょう!」と言ってくださったのでした。

これは、全く予想していなかったことなので、私たちもみな驚きました。ポールも私も、武夷山には、もう、到着できただけで満足だと思っていたのです。9月22日に香港を出てから、約4ヶ月、1360キロ歩きました。その4ヶ月に起こったことを、いろいろと思い出し、ポールと二人きりで歩いている時に、

「歩き続けていれば、必ず何かが起こる。助けれくれる人が出てくる。だから、大丈夫」

「今まで、いつもそうだった。長い距離を歩いて初めて、人は僕達が真剣なんだということを理解してくれるようになるんだ」

「『これから、どこへ行くのか』ではなく、『今まで、どこを歩いてきたのか』と聞かれるようになったら、その時から、何かが起こり始めるんだ」

と、ポールが言い続けていたことも思い出しました。

本当にポールが言った通りでした。年末から参加してくれた祐次くん、年明けから参加してくれた楊さん、フューチャー(江来)、リチャード(余江)、ジョイ(楊琴)、デビッド(江鵬)、福州で新聞社やテレビの取材を取り付けてくれたグレースや、この2週間、何かと助けてくれた福州師範大学のジーン先生たちのおかげで、こうして世界遺産の地に木を植えられたことを、本当にありがたく思いました。

今日、雨に濡れながら歩いた私たちのビデオの日本語版を作りました。ぜひ、見てくださいね。

地球を緑化し、世界をより良い場所にしよう!!
「ずぶ濡れのヒーローたち」




★「グリーン・オリンピック・ウォーク」では、皆様からの寄付を募集しています。
この旅を続けることができますよう、皆様からのご支援、よろしくお願いします。

【送金先】
三菱東京UFJ銀行
三鷹支店 普通 1480908
山根木乃実 
(フリガナ:ヤマネコノミ)

オフィシャルサイト
http://www.earthwalker.com/index_jp.htm
木を植える男の旅の記録
http://www.kadokawa.co.jp/book/bk_detail.php?pcd=200501000158
[PR]
by lifewithmc | 2008-02-11 00:55 | 中国・徒歩の旅
d0107620_16214169.jpg
d0107620_1622237.jpg
d0107620_16222635.jpg
d0107620_16224961.jpg


南平を出てから、数日後に冷たい雨が降り始め、2日間、土砂降りの中を歩いて建陽(ジャンヤン)市に着きました。到着したのは、夜の9時半。みんなずぶ濡れで凍りそうになりながら、ホテルにチェックインし、即効で熱いお風呂に入って身体を解凍!濡れたカッパも靴も全部、床や椅子の上に並べて乾かしました。

翌日は、ジーン先生の紹介で、お友達の黄先生が学長を勤めている閩北職業技術学院へ行きました。ちょうど中国の旧正月の休暇の直前だったので、生徒さんはほとんどが実家へ戻ってしまっていたのですが、先生達がまだ残っていらしたので、先生達にポールがお話をすることになりました。

集まってくださった学院の先生たちは、約40人。中には、実家に戻るのを遅らせて、講演に来てくださった生徒さん達もいました。ポールがなぜ、歩いているのか、なぜ、木を植えているのか、今、地球はどんな状況にあるのか、そして、私たち一人一人に何ができるのか」というお話をしました。先生達も生徒さんたちも、たくさんの質問を投げかけてくれ、とても興味深く話を聞いてくださいました。

講演の最後に黄学長さんはこう言ってくれました。
「とても素晴らしいお話をありがとうございました。この地球は、私たちすべての人類が守っていかなければいけない大切な場所。私たちも、学校と教師のネットワークを通して、環境保護活動の大切さを何千人という生徒達に伝えていきます。そうして、地球を守るために貢献したいと思います」

そうして、その日は、先生達と学生さん達とで、校庭に大きな木を植えました。

翌日は、先生たちの寮にご招待していただき、手作りの料理をご馳走になりました。そこには、講演会に来ていた葉先生と高校3年生の娘さんが来ていました。

葉先生は、「講演会の後、本当に感動して、娘にポールの話をしたら、ぜひ、お会いしたいと言ったので連れてきました」「昨夜、早速、ホームページも見ました。美しい写真がたくさんありましたけど、あまり美しくない写真もありましたね。(ゴミの写真や公害の写真など)でも、私たちに環境をきれいにすること、守ることの大切さを思い出させてくれて、本当にありがとうございます。感謝しています」と言ってくれました。

また、葉先生の娘さんは、「大きな都市はきれいになってきているけれど、少し郊外へ行くとゴミを捨てる人がたくさんいます。そういう人に環境保護について知ってもらうようにするには、どうしたらいいのですか?」とポールに質問。「私たちは他の人にこうしなさいと行いを強制することはできないけれども、自分がやってみて、自分がお手本になることなら簡単にできるのですよ。スーパーでレジ袋を断る、ゴミのポイ捨てはしない、という小さなことから始めて、もっとやってみたくなったら、街をきれいにするボランティアをしてみる、川の水をきれいにする活動を始めてみるなど、できることはたくさんあるのです」と答えていました。

学校の先生や生徒さんと話をしていると、環境への関心はとても高いと感じます。葉先生の娘さんが、最後にこう言っていたのが印象に残りました。
「中国の環境は今は決してきれいだとは言えませんが、数年後にはもっときれいになると思います」

そして、ポールはこう答えました。
「私もそれを強く望んでいます。中国では、変化が起こるときには、物凄い速さで起こる。まさに今も、物凄いスピードで社会全体が変化していますね。中国は、世界全体にとって、今後、とても大きな役割を果たして行くと思います。中国が真の意味で持続可能な発展の方向へ進めば、世界全体が利益を得るのです。

たとえば、今、世界で使用されている電球の70%は中国製ですが、その全てを今後10年間ですべて省エネ電球に換えるプロジェクトが進んでいます。ということは、世界全体で使う電球が省エネ電球になるということです。今、中国だけでなく、世界全体が環境保護に基づいた社会へと素早く変わる必要があるのです」


オフィシャルサイト
http://www.earthwalker.com/index_jp.htm
木を植える男の旅の記録
http://www.kadokawa.co.jp/book/bk_detail.php?pcd=200501000158
[PR]
by lifewithmc | 2008-02-02 16:23 | 中国・徒歩の旅