エッセイスト菊池木乃実のブログです。環境活動家の夫、ポール・コールマンと共に南米チリのパタゴニア地方に在住。ホリスティックで持続可能なライフスタイル実践中


by lifewithmc
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:日本の環境( 4 )

d0107620_17475266.jpg
d0107620_1748086.jpg
d0107620_1748783.jpg


6月15日

午後11時の飛行機でチューリッヒへ。

その前に関空から飛び立つのだから大阪のまーちゃんうぽーに会って行こうと、まーちゃんの事務所へ。まーちゃんが大阪日日新聞の記者さんを呼んでくれ、南山のことをワンフェスの活動などと絡めて、記事にしてもらおうということでインタビュー。

前の日に、稲城の井上さんや内田さんから預かった手紙も事務所で印刷してもらって、準備万端、関空へ向かいました。

飛行機の中では、ひたすら英訳に専念!

フライデーの記事、井上さん、内田さんからのお手紙。稲城市の作文コンテストで最優秀賞を取った中学生の作文、内田さんが南山で開いている自然学校『元気塾』で実施した200人からの署名の中から抜粋して数十名からのメッセージ、それと、『平成狸合戦ポンポコ』の高畑勲監督からのメッセージも。

飛行機は、エミレーツ航空だったので、10時間後にドゥバイに到着。
乗り継ぎまでの時間、ロビーでひたすら爆睡。

6月16日

ドゥバイからチューリッヒ行きに乗り、チューリッヒに到着したのが、午後1時。

そこから列車でローザンヌまで、2時間ぐらい。列車はスムーズで快適。

ローザンヌに着いて、とりあえず、ポールがホテルを探しに行くと、30分後に戻ってきて

「観光案内所で聞いたら、今週は、3つも大きな会議が開かれていて、どこも満室。ホテルは一つも空いていない。列車で30分の隣り町へ行けば、空いているホテルがあるかもしれない」とのこと。

仕方がないので、電車に乗って30分の Yverdon Les Bains という町へ。

しかし、町に着いて見ると、ホテルが見つからない!
ポールは、また、1時間歩いてやっと一つ空いているホテルを見つけてきてくれた。

木々に囲まれていて、芝生と花壇があって、とても美しいホテル。鳥の鳴き声が聞こえる。旅の疲れを癒すには、緑に囲まれるのが一番。

とりあえず、ほっとした。

6月17日

朝食を取ってから、フライデーの記事の英訳をポールにネイティブチェックしてもらう。

列車でローザンヌへ向かい、観光案内所でIOC本部の場所を聞き、「今日と明日、2016年のオリンピック開催地を決めるための会議が開かれているんだけれど、知ってる?」と聞くと、「知らない」との答え。「記者などが行くプレスセンターなどはあるか?」と聞くと、それも「知らない」とのこと。

「観光客はIOC本部には入れないので、IOC博物館をお勧めします」と言われ、「観光客ではなくて、IOCのスタッフに会いたい」と言うと、「先にアポを取らないといけないと思う」と電話番号をくれた。

とりあえず、IOC本部に行くことにして、歩いていく。

IOC本部は、レマン湖畔の森に囲まれたグリーンなエリアにあった。塀も何もなく、建物の裏側にはレクリエーションができる芝生の広場があって、親子連れが遊んでいた。でも、建物自体は、真っ黒でなんだか要塞のようで、冷たい感じ。3階建てか、4階建てぐらい。警備が厳しいかと思っていたが、警備員などはいない。しかし、よく見ると、自動ドアの脇にセキュリティーカードをスライドして、暗証番号を入れるようなマシンがついている。

「IDカードみたいなものを持っていないと入れないのか?」と思っていると、ドアが開いて男性が一人出てきた。入れ替わりに男性が一人入って行く。入っていく人は、カードをマシンに入れたり、暗証番号を入れたりしている様子もない。さらに観察していると、もう一人、男性が何のチェックもなく、自動ドアが普通に開いて建物の中に入っていった。

思ったよりオープン(!)と、ほっとして自動ドアから入ると、受付があった。

「2016年オリンピック委員会の方にお会いしたいんですが」とポール。
「今日は会議で全員、出払っています」と受付の女性。
「日本から大切な手紙を預かっているんです。東京オリンピック招致に関することです。どなたかと、会う約束をしたいんですが」
「では、こちらにお電話ください」
「どなた宛にお電話すればいいですか?」
「とにかく、こちらに電話をして、今おっしゃったことをそのままおっしゃってください」

もらった電話番号は、観光案内所でくれた番号と同じだった。

ともかく、全員、会議でいない。当然、石原都知事が出席している会議。
どこで開かれているかは、わからない。IOCの本部のロビーは空っぽのアートギャラリーのような雰囲気。あまり人気もない。会議が開かれているのは、他の場所なのだろうか?

受付まではオープン。誰でも入れるけれども、受付から先は見えないバリアが張られているようで、冷たい雰囲気。これ以上、受付の人と話をしても無駄なようなので、明日、電話をしてみようと、その日はレマン湖畔を散歩して帰った。

IOC本部の周りは、並木道もあり、小さな森もあり、緑がたっぷりだった。

6月18日

チャレンジ2日目。

朝食後、高畑勲監督の手紙も英訳したので、内田さんの手紙、井上さんの手紙、中学生の作文も全部、ポールにネイティブチェックしてもらう。

ホテルから、IOCの本部に今日は私が電話。

「2016年オリンピック委員会の方とお話したいのですが」
「どなたですか?」
「きくちこのみです。日本から来ました」
「委員会のメンバーは、全員、会議で出払っています。2時に戻って来るので、2時以降にお電話いただけますか?」

うーん。

とりあえず、ローザンヌまで行き、英訳した手紙を全部、コピー屋さんでプリントアウト&コピーをする。封筒を買って、国連NGOのパスウェイ・トゥー・ピースのレターヘッド(ポールが顧問を務めている。今年の1月にサンフランシスコのオフィスを訪ねた時に、自由に使っていいですよともらってきた、金色のロゴが入っている素敵なレターヘッド)に、手書きでポールが、IOC宛てに手紙を書いた。

その手紙も添えて、英訳した手紙を封筒に入れ、「2016年 オリンピック委員会宛て」と書いて、封をした。

2時過ぎ。再び電話。

「2016年 オリンピック委員会の方と話したいのですが」
「どのようなご用件ですか?」
「私はオリンピックに関する手紙を日本から預かって来ました。わざわざ、手紙を手渡しするために飛行機で飛んできたのです。手紙をお渡しする方法はありませんか?」
「では、メールで送ってください」
「あの、手渡ししたいのですが」
「ああ、それでもいいですよ」
「昨日、本部まで行ったんです。そうしたら、ここへ電話してくださいと言われました。わざわざここまで来たんですから、本部へ行って手渡ししたいんです」
「それじゃあ、受付に渡してください」
「どなた宛てですか?」
「2016年オリンピック委員会宛てにしてください」
「それでちゃんと届くんですか?」
「心配しないで。ちゃんと届きますよ」

ということで、再び、手紙を持って、IOC本部へ。ローザンヌの駅から地下鉄を乗り継ぎ、歩いて本部まで行く。

本部の前には昨日と違って、警備の人がいる。
黒塗りで中が見えない車が何台か止まっている。
日本人らしき女性が、黒塗りの車に乗っていく。
本部の入り口の前にもパイプ椅子が出ていて、日本人らしき男性が座って何かをメモしている。

物々しい感じ。
本部の前では写真やビデオを取ったりできない雰囲気だったので、少し離れたところで写真とビデオを撮る。

そして、本部へ。自動ドアをくぐる。受付に女性が二人座っている。ロビーには、昨日と違って、いろんな人が行き来している。

ボンジュール。

この手紙を東京と日本の人から預かってきました。

2016年オリンピック委員会の方にぜひ渡してください。

封筒を渡す。

ウィ。

と言って、受付の女性が封筒にバシッと音を立てて受領印を押した。

それを見届けて、建物を出る。

外にはまだ黒塗りの車が出入りしている。

手紙は必ず、2016年オリンピック委員会の手に渡ると思う。そして、必ず、誰かが読むと思う。

これは、地球の問題だとポールは言う。

南山は、今の地球の問題の縮図だ。

意味をなさない環境破壊は、地球上のあらゆる場所で起きている。

だから、南山のように小さな場所でも救うことがとても大切なんだ。

南山を救うことができなかったら、どうして地球を救うことができるだろうか?

[PR]
by lifewithmc | 2009-06-28 17:48 | 日本の環境

沖縄の環境破壊~続報

先日、沖縄市で貴重な干潟が埋め立てられようとしているため、沖縄の干潟を守ろうと、皆で沖縄市の市長さんへ手紙を送りました。その行動への回答として、市長さんのオフィスから、このようなメールをいただきました。

その中で、市長さんは、「当該事業の実施においては、国・県が環境への細心の配慮に努めていることは一定の評価ができるものですが、さらに、今後とも貴重種・希少種の保護や持続可能な環境保全へ向けた親水性・自然工法の推進など、国・県のなお一層の取り組みに、沖縄市としても積極的に働きかけていくととともに、自らも泡瀬干潟の環境保全のために取り組んでまいります。」と語っています。市長さんの今回の判断に、感謝し、泡瀬干潟が守られるよう今後も応援していきたいと思います。


---------------------------------------------------------------
2008/1/9にお問い合わせ頂きました、
泡瀬干潟の埋め立てについて市長へのお願いの回答をご連絡いたします。

菊池木乃実様

貴重なご意見ありがとうございます。

平成19年12月5日に東部海浜開発事業について市の方向性を市長が判断いたしまし
たので、お知らせいたします。

市長の表明内容(ようこそ市長室へ)
http://www.city.okinawa.okinawa.jp/site/view/contview.jsp?cateid=134&id=4488&page=1

今後とも沖縄市のまちづくりのためにご協力をお願いいたします。

沖縄市役所 東部海浜開発局 計画調整課

この度は、お問い合わせ頂き有り難うございました。
今後ともよろしくお願いいたします。

===============================================================
東部海浜開発事業に関する市長表明

私は市長就任以来、東部海浜開発事業は最重要な事項として、これまで事業のあり方やその方向性について熟慮を重ね、慎重に検討を行ってまいりました。そして、事業はどうあるべきかを今年中には判断したいとのことを申し上げましたが、本日、市民の皆様に私の考え方をご説明させていただくことと致しました。

ご承知のとおり、東部海浜開発計画は20年余にわたり沖縄市の発展に向けた一大プロジェクトとして進められてきました。この計画は、市面積の約36%が基地に提供されていることから生じる市民の間にある閉塞感を解消し、国際交流リゾート拠点として中部の中核都市にふさわしい、活気ある沖縄市を築くことをめざして進められてきました。

当初の陸続きの埋め立て計画は、干潟を残したいという泡瀬地域住民の意向を踏まえ、出島方式に変更されました。それと共に、国・県が沖縄振興開発計画に位置づけられた中城湾港新港地区の航路・泊地を浚渫する際に必要となる土砂の処分場を確保することが沖縄市の計画と合致し、国・県の埋め立て事業と一体となって沖縄市の事業は進められることになり、長年の計画は実現に向けて大きく動き出しました。

しかし、一方において、社会経済情勢の変動や地球環境への関心が高まるなか、海浜を埋め立てる開発のあり方を疑問視する声も起こり、自然環境を守ることや土地利用に関する疑問、過大な市財政負担を懸念する市民が、計画への反対を訴えてきています。

事業に賛成する市民と反対する市民の対立が続くなか、私は昨年の市長選挙において、東部海浜開発事業はすでに工事が着手されながら、なお市民の賛否が分かれていることから、市の経済活動や自然環境など、事業に関する全ての情報を公開し、また今後の事業についてどうあるべきかの結論を出すため、経済や環境問題の専門家と市民代表による検討委員会の設置をお約束いたしました。

そのようなことから、昨年12月に「東部海浜開発事業検討会議」を発足いたしました。
検討会議は公開を原則とし、毎回の会議終了後に内容をまとめたレポートを各自治会に配布すると共に、市の広報やホームページへ掲載するなど市民への情報提供を行い、13回の会議を経て、去る7月30日に検討会議から各委員の意見レポートを提出していただきました。

各委員からは「社会経済情勢を踏まえ、経済活性化に寄与する土地利用計画の見直し」や「多くの市民が主体的に参画できるような積極的な情報の周知」、「沖縄市の将来のために十分な議論による合意形成の必要性」、そして、「環境との調和・共生をどう図るかの話し合いが必要」など、多角的視野からの意見提案がなされました。

また、検討会議の報告後は、庁内での検討や各団体、有識者等の方々からの意見聴取など、できるだけ多様な立場からの見解を伺ってまいりました。

私は、検討会議の報告をしっかり受け止め、さらに、多くの方々のご意見を伺い、市長として沖縄市の将来を見据え、市民の納得のいく結論を出したいとの思いを強くしながらも、長い年月を経てきた事業の現実に、改めて判断の難しさを認識せざるを得ませんでした。

しかしながら、難しい判断であるからこそ、今、市長としてこの事業の方向性を示すためにリーダーシップを取ることが、もっとも大事なことだと考えています。

総合的に判断するにあたっては、東部海浜開発事業検討会議からの報告を踏まえて、東部海浜開発事業が「沖縄市の経済発展につながるのか」また、「干潟等の自然環境は守れるのか」という観点を基本に据えて検討してまいりました。

さらに、当該事業は、計画が相当な年月を経て、国・県・市の三者が関わってスタートしていることに加え、すでに工事が着手されていることも踏まえながら、計画を見直さなければならないと考えています。


その判断要素として、一つ目には、将来における市の活性化や財政負担についてです。それは、市財政が厳しさを増すなか、新たな公共事業の展開が、将来において市の活性化につながるのか、また、財政を逼迫させる要因にならないかと指摘する声があるということ。

二つ目に、干潟等の自然環境への影響です。このことについては干潟が広がる海浜環境は、将来において残していくべき貴重な財産であるとの認識から、埋め立てにより干潟を含む生態系への影響を懸念する声があるということ。

三つ目に、保安水域における共同使用の件については、泡瀬通信施設にかかる一部保安水域において埋め立てられる部分が、新たな基地として米軍に提供されると共に、共同使用により、土地利用の制約が生じるということ。

以上の視点を重視致しました。

その結果、まず、第一区域については、環境などへの影響も指摘されていることは承知していますが、工事の進捗状況からみて、今はむしろ沖縄市の経済活性化へつなげるため、今後の社会経済状況を見据えた土地利用計画の見直しを前提に推進せざるを得ないと判断致しました。

次に、事業着手前である第二区域の現行計画については、その約3分の1が保安水域にかかることから新たな基地の提供になりうると共に土地利用に制約が生じることや、クビレミドロが当該保安水域に生息していること、また、残余の部分は大半が干潟にかかる中で、環境へのさらなる配慮が求められることから、推進は困難と判断致しました。

しかしながら、第一区域へのアクセスや干潟の保全など、国・県と協力して解決しなければならない課題があることから、第二区域については、具体的な計画の見直しが必要と考えています。

この判断を今後有効に展開していくには、現在の土地利用計画については市民参画による見直し、国・県と事務協議を重ねることにより、法的手続き及び技術的な計画の変更等が必要になってまいります。

また、将来における市財政の負担軽減については、国及び県に対し土地利用への参画・支援を強く要望し、土地利用の円滑な推進により、地域経済の活性化を図るよう努めてまいります。

そのためには、当該地域にふさわしい海を生かした沖縄市の活性化を担う土地利用を図ることは言うまでもなく、時代のニーズに応えうる計画へと見直すことがもっとも重要であり、市は主体的に見直し作業に取り組んでまいります。

なお、当該事業の実施においては、国・県が環境への細心の配慮に努めていることは一定の評価ができるものですが、さらに、今後とも貴重種・希少種の保護や持続可能な環境保全へ向けた親水性・自然工法の推進など、国・県のなお一層の取り組みに、沖縄市としても積極的に働きかけていくととともに、自らも泡瀬干潟の環境保全のために取り組んでまいります。



以上申し上げましたが、極めて重要な判断を迫られるなか、私は、市政を預かる者として、厳しい状況下にあることを十分認識しながらも、この事業の方向性を示すことが、市民の信頼と期待に応えることであり、市民と力を合わせて沖縄市の未来を築き上げることに邁進しなければならないと考えています。


私は、市民と共に可能性に満ちた沖縄市の未来への第一歩を踏み出すために、決意を新たにしているところであり、市民の皆様には特段のご理解を賜りますよう、重ねてお願いを申し上げます。


終わりに、市民の皆様をはじめご尽力を賜りました東部海浜開発事業検討会議の委員の皆様、また、多くのご意見を賜りました各団体、沖縄市議会議員、その他関係者の皆様に対し、心から深く感謝申し上げますと共に、今後は希望に満ちた新しい沖縄市の実現に、より一層のご支援・ご協力を賜りますようお願い申し上げ、私の当該事業に関する判断とさせて頂きます。

平成19年12月5日

沖縄市長 東 門 美津子
[PR]
by lifewithmc | 2008-01-25 12:42 | 日本の環境
もう一つ、日本の環境問題について、友人のよしどんさんの日記から転載させていただきました。地球探検音楽家、サヨコオトナラのOtoさんから、よしどんさんへのメッセージです。
サヨコオトナラ http://www.alte.com/sayoko/news.html


■八王子市長選
________________________

今月の27日、八王子市長選があります。
高尾山に「圏央道」のためのトンネルを掘ろうとしている現市長と
高尾山の自然を守る活動を長年してきた橋本よしひろさんの一騎打ちです。
高尾山が守れるかどうか、
開発型か自然保護か、と注目をあびています。

僕は霊山高尾山を守りたいと思っています。
植生の豊かさにおいて世界第二位といわれている水の恵みの山です。
ゼネコン開発破壊型から、市民中心の持続可能な環境型社会へと移行していって欲しいと思っています。

僕は市町村という単位の政策こそが今最重要だと思っています。
日本が持続可能な環境型の社会に向かって行けるかどうか。
そして、ティッピング・ポイントのことを考慮するならば、
これから4、5年の政策こそが将来の環境を決めてしまう瀬戸際なんではないでしょうか?
市長の任期にして、わずか一回です。
今回の八王子の選挙は、まさに天下分け目ならぬ、日本の市民の態度を国に知らせる本当に重要なものだと捉えています。
たかが市長選なんかじゃない。
COP13でもろくな態度を示せなかった日本だけど、
日本の市民は違うぞと世界に発信するチャンスです。

1月20日、葉山町長選では、箱物行政を批判した環境派の候補が勝ちました!
東海村では、反原発の議員が当選しています。
すごい変革の時が訪れていると感じます。

このあと岩国市長選も注目を浴びています。

以下はエコアクション虔十の会(けんじゅうのかい) の坂田さんからの文章です。
どんどん転送してもらえるとうれしいです。

******************************************************

♪どんどん転送歓迎♪

【八王子の人、八王子に友達がいる人へ】

いま、八王子が市長選をめぐって大変なことになってます。

8年間、市長をつとめてきた現職の黒須隆一さんと
高尾山の自然を守る活動を長年してきた橋本よしひろさんの
一騎打ち!!!

と~にかく、対照的な二人なんです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
高尾山トンネル工事をすすめ、圏央道早期完成をめざす黒須さん。

ミュシュラン三ツ星となるほどの高尾山の自然を破壊するのは、八王子市にとって大きな損害だと、迂回路の検討もふくめた環境保全をめざす橋本さん。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
川口町トラックターミナル構想による八王子の物流拠点化や、
八王子駅南口開発などの大型開発で経済を活性化させようとする黒須さん。

環境にやさしい企業の誘致や、地産地消・地域通貨で、八王子農業や商店街を重視した生活型で経済を活性化させようとする橋本さん。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
都立八王子小児病院の廃止を進めている黒須さん。

子供の医療体制は重要と、ぜったい存続を求める橋本さん。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

現職の黒須さんが有利か?と思いきや
この市長選で、高尾山の運命が決まってしまうこともあって
坂本龍一、サエキけんぞう、川田龍平、大貫妙子・永六輔など
多数の著名人が、橋本さんを応援。
若者もどんどん橋本さんの支持に回っているもよう!
おもしろくなってきました!

橋本よしひろさんのHP要チョック
http://www.project8.jp/

八王子市長選がどうなるか、これは見逃せない状況に!

どっちが市長になるかで
八王子の市制は、180度ちがってしまいます。。。

今回は、ぜったい選挙に行かなくっちゃ!

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■エコアクション虔十の会(けんじゅうのかい)
■代表 坂田 昌子
□E-mail:kenju-no-kai@nifty.com
□Homepage:http://www3.to/kenju
□Blog:http://kenju-no-kai.cocolog-nifty.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
[PR]
by lifewithmc | 2008-01-25 12:20 | 日本の環境
歩いていると、いろんな環境汚染を目撃します。少し都市から離れれば、環境は良くなるだろうと思っていたら、中国の山の中で、ひどい環境汚染を目撃しました。そのことは、また、別の機会に詳しく書くことにして、今日は、日本の環境、六ヶ所村再処理工場ストップのためのサイバーアクションのメールを紹介します。六ヶ所村は、日本人の私たちにとっては、かなり深刻な問題。みなさんも、ぜひ、サイバーアクションにご参加ください

--------------------------------------------------------------

~原発が1年で出す放射能を1日で出す
六ヶ所再処理工場が、本格稼動しようとしています~

スイッチ OFF 六ヶ所再処理工場
スイッチON 自然エネルギー
サイバーアクション

●原発とは比べ物にならない量の放射能を出す再処理工場

青森県・六ヶ所村に建設された再処理工場は、全国の原子力発電所から持ち込ま
れる使用済みの核燃料から、プルトニウムを取り出す作業をおこなう工場です。
その作業の過程で放出される放射能の量は、1日で、一般的な原発1基の1年分に
相当します(放出管理目標値比較)。


六ヶ所再処理工場が本格稼働を開始すると、膨大な量の放射能が、事故が起きな
くとも、日常的に、空や海に放出されるでしょう。そうなると六ヶ所村周辺はも
とより、広い範囲にわたり、子供たちや孫、そのまた孫の世代まで、放射能の影
響が及ぶようなことにもなりかねません。

●危険な核エネルギーから明日の自然エネルギーに、今日スイッチ!

日本政府は地球温暖化抑止に貢献するとして、原子力推進策をこれまで以上
に強化しています。しかし原子力発電、とりわけプルトニウムを発電に利用する
ための、再処理工場や高速増殖炉は、巨大事故のリスクを抱えています。経済的
にも高くつきます。政府の計画では、プルトニウムによる発電が主要な電力供給
源になるのは、来世紀です。

地球温暖化対策は時間との戦い。原子力と再処理に注ぎ込まれている税金、電力
料金、時間、技術を、今、自然エネルギーへシフト!


●六ヶ所再処理工場をスイッチOFFするため、今あなたのメッセージを届けましょ
う!

グリーンピース・ジャパンは、同じ思いを共有するたくさん人々・団体と共に、
18年前から六ケ所再処理問題に取り組んできました。この間、フル稼動の開始は
11回も延期されています。

再処理工場が本格的に動き出してしまうと、日本のエネルギー政策は、これまで
以上に原子力依存が強まり、その転換がさらに難しくなるでしょう。だからこそ

明日の自然エネルギーのために、今、六ヶ所再処理工場をスイッチOFF!

工場が本格運転を開始するにあたっては、その事業者である日本原燃は、青森県
および六ヶ所村と「安全協定」を締結する必要があります。つまり、工場に最終
的なゴーサインを出すのは、青森県知事です。

再処理工場は、青森県民だけの問題ではありません。
そこでグリーンピースはインターネットを使って、日本から、世界から、ひとり
ひとりの声を届けるアクション、サイバーアクションを開始します。

あなたのメッセージを今、青森県知事に送ってください!


★サイバーアクションに参加する。
https://www.greenpeace.or.jp/ssl/enerevo/switch1/?cyber
★六ヶ所再処理工場問題を詳しく知る
http://www.greenpeace.or.jp/campaign/enerevo/switch1/?cyber

特定非営利活動法人 グリーンピース・ジャパン
〒160-0023 東京都新宿区西新宿 8-13-11 NFビル2F
[PR]
by lifewithmc | 2008-01-25 12:17 | 日本の環境