エッセイスト菊池木乃実のブログです。環境活動家の夫、ポール・コールマンと共に南米チリのパタゴニア地方に在住。ホリスティックで持続可能なライフスタイル実践中


by lifewithmc
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

地球を緑化し、世界をより良い場所にしよう

d0107620_0535723.jpg
d0107620_0541789.jpg
d0107620_0543341.jpg
d0107620_0544935.jpg
d0107620_055491.jpg
d0107620_055178.jpg


建陽(ジャンヤン)市を出発した次の日、職業技術学院の英語課の1年生、アンジェラが1日だけ徒歩に参加してくれました。アンジェラは、その日、私たちが向かっていた町の出身で、ちょうど、その日、旧正月のために実家に帰ることになっていたのです。そこで、町まで16キロの道のりを一緒に歩きました。

アンジェラは、私たちが歩く速度が速いのに驚いていましたが、なんとか、4時間の道のりを楽しく歩いて、町に到着。その町にはホテルがないことがわかったので、次の町まであと8キロ歩くことにして、アンジェラと別れました。

私たちは、夜7時頃、次の町に到着し、ホテルを見つけ、夕飯を食べて、就寝。アンジェラからは、「とても楽しかった、ありがとう。でも、とても疲れたので、もうベッドに入っています。武夷山まで気をつけて行って下さい」というメッセージが携帯に入りました。

アンジェラの故郷は、少し前までは川から水が飲めたそうです。でも、今では上流に養鶏場ができて、水が飲めなくなってしまったと言っていました。自然の中で育った彼女だから、私たちのことを応援してくれる気持ちになったのでしょう。とても、心温まる出会いでした。

翌日、いよいよ、私たちは武夷山を目指して歩きました。武夷山は世界文化・自然遺産に指定されている場所。私たちも香港を出発した時から楽しみにしていましたし、リチャード、ジョイ、デビッドにとっては、旅の終点でもあります。その日は、朝から冷たい雨が土砂降りでしたが、みな、ずぶ濡れになりながらも、21キロの道のりを歩きました。

私たちが歩いている、ほんの少し北の地方では、100年に一度の大雪が降って、道路も凍結し、何万戸という家が停電、また、家が崩壊して人が亡くなったり、転電の修復をしていた職員が亡くなったり、旧正月で実家に帰る人たちが何百万人と各地で足止めを食らったりと、大惨事が起きていました。でも、幸いなことに、私たちは大雨に降られる程度で済んでいました。

とはいえ、何時間も歩くと次第に雨がレインギアの下に染みてきて、足もずぶ濡れ、手もかじかんで、寒さで凍えそうになります。食堂が見つからなかったので、皆、空腹のままだったので、何度か、雨宿りができる場所を見つけては休憩し、小さなお店で火鉢の火に当たらせてもらったりして、歩き続けました。

目的地まで、あと5キロというところで、福州から応援に来てくれたジーン先生の車に出会い、牛乳やお菓子やパンなどの差し入れをもらいました。ああ、そのパンの美味しかったこと!「もう、あと少しだから。ホテルもたくさんあるから、頑張ってね」というジーン先生の言葉に励まされました。

武夷山の入り口、武夷宮という街に近づくと、世界遺産となった素晴らしい渓谷が見えてきました。曲がりくねる川のあちこちに、いくつもの大きな岩山が天に向かって反り立ち、雨に煙っている様子は、まるで仙人が住んでいるかのように幻想的でした。

みな、無事に笑顔で武夷宮に到着し、ほっと一息。ホテルに直行して、熱いお風呂に入り、凍えた身体を解凍させて、夜のディナーへ向かいました。武夷山市の広報局長さんが歓迎ディナーにご招待してくださったのです。そして、「明日は、世界遺産に木を植えましょう!」と言ってくださったのでした。

これは、全く予想していなかったことなので、私たちもみな驚きました。ポールも私も、武夷山には、もう、到着できただけで満足だと思っていたのです。9月22日に香港を出てから、約4ヶ月、1360キロ歩きました。その4ヶ月に起こったことを、いろいろと思い出し、ポールと二人きりで歩いている時に、

「歩き続けていれば、必ず何かが起こる。助けれくれる人が出てくる。だから、大丈夫」

「今まで、いつもそうだった。長い距離を歩いて初めて、人は僕達が真剣なんだということを理解してくれるようになるんだ」

「『これから、どこへ行くのか』ではなく、『今まで、どこを歩いてきたのか』と聞かれるようになったら、その時から、何かが起こり始めるんだ」

と、ポールが言い続けていたことも思い出しました。

本当にポールが言った通りでした。年末から参加してくれた祐次くん、年明けから参加してくれた楊さん、フューチャー(江来)、リチャード(余江)、ジョイ(楊琴)、デビッド(江鵬)、福州で新聞社やテレビの取材を取り付けてくれたグレースや、この2週間、何かと助けてくれた福州師範大学のジーン先生たちのおかげで、こうして世界遺産の地に木を植えられたことを、本当にありがたく思いました。

今日、雨に濡れながら歩いた私たちのビデオの日本語版を作りました。ぜひ、見てくださいね。

地球を緑化し、世界をより良い場所にしよう!!
「ずぶ濡れのヒーローたち」




★「グリーン・オリンピック・ウォーク」では、皆様からの寄付を募集しています。
この旅を続けることができますよう、皆様からのご支援、よろしくお願いします。

【送金先】
三菱東京UFJ銀行
三鷹支店 普通 1480908
山根木乃実 
(フリガナ:ヤマネコノミ)

オフィシャルサイト
http://www.earthwalker.com/index_jp.htm
木を植える男の旅の記録
http://www.kadokawa.co.jp/book/bk_detail.php?pcd=200501000158
[PR]
by lifewithmc | 2008-02-11 00:55 | 中国・徒歩の旅